top of page

【2022年度入試合格者インタビュー】通信制高校から中央・明治・法政に逆転合格!!

更新日:2022年4月6日

大学受験なら武田塾中山校

授業をしない個別指導塾、武田塾中山校の梅村です。

今回の合格者インタビューは、通信制高校から一浪を経て中央大学、明治大学、法政大学に合格した若竹くんです。

若竹くんはLINEのトップ画がONE OK ROCKのライブ写真だったんですが、それを見て音楽について話した記憶があります。(梅村からはマキシマム ザ ホルモンを勧めておきました。)

それでは若竹くんのインタビューをご覧ください!

生徒プロフィール・合格大学



名前:若竹 颯汰

出身校:屋久島おおぞら高等学校

合格校:

中央大学 商学部 金融学科(進学先)

明治大学 農学部

法政大学 経済学部

合格者インタビュー

武田塾に入ったきっかけと当時の成績

梅村「まずは自己紹介をお願いします!」

若竹「屋久島おおぞら高校出身の若竹です。」



梅村「屋久島に通うの大変やったやろ?」

若竹「いや、実際に行くのは年に二回ぐらいでした。住んでるのはもちろん横浜です(笑)」

梅村「この下りはこの一年で三回目ぐらいやね(笑)若竹くんが入塾したのは今年度の9月だった記憶なんですが、入塾前までは自力で勉強してたん?」

若竹「高校を卒業して浪人をすることを決めたんですが、一年間宅浪をするつもりでした。上半期はお金を貯めるためにバイトをしながら勉強をしていて、9月時点での偏差値は50を切るぐらいでした。そろそろ勉強に本腰を入れようと思ったタイミングで、親が『お金のことは気にしなくていいから塾入ったら?』と言ってくれたので、塾を探し始めました。ただ、この時期から浪人生を受け入れているところは限られていて、選択肢としては武田塾ぐらいしかありませんでした。授業ではなく過去問演習を中心に進めたかったので、武田塾さんならニーズを満たしてくれるかもしれないと思い、一度受験相談に行ってみようとなりました。実際に塾の詳細を聞いてみたところ、融通の利くカリキュラムを組めることや自分の欲しいサポートもしてくれるなと思ったので入塾を決めました。」

梅村「一人で半年も勉強できただけでもすごいと思うで。入塾前はどんな勉強をしてました?」

若竹「英語は英検を利用した入試を考えていたので二級をかろうじて取得していましたが、英文法も一周したぐらいしかできていませんでした。国語と世界史も同様に、軽く一周した程度だったのでやらなければならないことが山積みでした。当時の志望校の成城大学に合格するには本番までの時間を少しも無駄にできないといった状況でした。」

武田塾に入ってからの変化

梅村「入塾後はどんな風に勉強していきましたか?」

若竹「最初に色々と相談してもらったときに、各科目の指針をアドバイスしてもらいました。世界史は暗記系の科目なので得点のブレが少なくなると聞いて、得点源にしようと思いました。一問一答で基礎知識を固めたのち、問題演習を通して知識の使い方を覚えたり自分の苦手な分野を洗い出して対策しました。抜けをなくすことをできるだけ心がけましたね。」

梅村「すごい(笑)なんかすぐにでも講師ができそうなこと言ってる(笑)最初の特訓で基礎知識の定着がまだあまいぞってことで、最初の一ヶ月はインプット期間にすることにしましたよね。世界史以外の科目はどうでした?」

若竹「英語と国語も最初の一ヶ月で基礎知識を全て洗いました。英語に関しては長文を読めない理由が文法力にあると言われ、文法への取り組み方が変わりました。文構造を意識して読むと文法が長文の中でどれだけいっぱい使われているかが見えるようになり、時間はかかるけど、正確に理解することが徐々にできるようになりました。基礎知識のインプットも進むと、以前は読めなかった文章が読めたり、時間が足りずに解けなかった問題ができるようになったりと、成長を実感できました。」

梅村「英語はそうなんですよね。なぜか文法と長文を切り離している人が多すぎておっちゃんは困っています(笑)文法やらずに文章読めるなら、誰も文法やる必要ないっちゅうねん!って思います。世の受験生に是非伝えてあげてほしい(笑)若竹くんは国語の読解力が最初からあったので、ことこまかに参考書の使い方を指導しなくても伸びるなと思っていました。だから受講コースは大きな指針の提示と宿題の管理だけをするコースでしたよね。」



(目の前でインタビュー写真を撮ってくれているのが若竹くんの担当者であることを前提に)

梅村「担当はどうでしたか?良かったところと悪かったところを教えてください。」

若竹「(笑)本番までの時間がない中でもよりよい結果を出すために僕自身の意見も尊重して取り入れてくれたので、無理をし過ぎないペースで進めてくれました。先生の持つ知識や経験で微調整してもらいながら宿題決めや勉強方針を納得いくまで話し合ってくれました。受験のことに限らず大学に入った後のことでも相談に載ってくれたので将来の目標や具体的なイメージが湧いて、受験へのモチベーションも上げてくれました。勉強に関してもどんな分野の知識が出やすいのか、どんな聞かれ方をするのかといったことを教えてくれたので、知識の取捨選択ができ、効率よく合格に導いてくれました。」

梅村「じゃあ悪い方をお願いします。」

若竹「悪い方・・・、」

梅村「言えへん?(笑)」

若竹「いや、、、悪いところはなかったです!(笑)」

梅村「忖度してくれてありがとうございます。」

志望校の変更

梅村「入塾するときの志望校は成城大学でしたよね?」

若竹「実は日東駒専ぐらいが妥当かなと思ってたんですが、一つランクを上げておいた方が合格しやすいと思ったので成城大学に設定しました。」

梅村「そうですよね。でもどんどん伸びていってるのを見て、全然MARCHでもいけるんちゃう?ってなったのが11月ぐらいやったかな。」

若竹「そうですね、それぐらいから過去問を中心に進めてたんですが、過去問を解いたら意外といけそうだと思って、志望を中央大学に上げました。」

梅村「それでもとどまることを知らん感じで上がってって、最終的には早稲田も行けそうってなってた(笑)」



若竹「まぁさすがに早稲田を受けはしましたけど、漢文もやってなかったので記念受験みたいなもんでした。」

梅村「そっか。俺は実はワンチャン受かるんちゃうかなって思ってた。明治も商学部は無理やったけど、農学部は受かったもんね。いやー、若竹くんの合格発表は気持ちよかったわ(笑)」

若竹「入塾当初はMARCHなんて考えてもなかったので、結果には十分過ぎるぐらい満足しています。」

武田塾での思い出

梅村「武田塾に入ってから、何か印象に残っていることはありますか?」

若竹「5ヶ月という短期間でやらなければならないことがたくさんあったので、めちゃくちゃきつかったです。でも毎週宿題の確認で達成感を感じさせてくれる言葉を言ってもらえたり、自習室で他の塾生が真剣に勉強している環境を見たりしたら気が引き締まりました。まぁそういう色々で最後まで気持ちを切らさずにがんばれました。先生方もただ寄り添うだけでなく改善した方がいいところはしっかり指導してくれたので、生徒のことを考えてくれているんだなと感じました。」



梅村「それを言ってくれると嬉しいなぁ。うちの講師の採用基準は、生徒を第一に考えられる人であることやからね。ちゃんと生徒にそう言ってもらえるとホンマ嬉しい。ちなみに俺の中での若竹くんの思い出は、、、午後から来ることが多かったやん?一回声がガラガラのときがあって、そんときにどうしたんか聞いたら、午前中にライブDVD観て来たからですかね?って言ってたことです。」

若竹「そんなことありました?(笑)」

梅村「成績伸びてない場合は怒るとこやけど、若竹くんの場合は爆上がりしてたから、『あぁ、オンオフの切り替えの上手い子なんやな』って思って感心してました。」

梅村「最後に、これから受験をする人たちにメッセージをお願いします!」

若竹「受験は止まることなく一歩ずつ着実に前進していくことがなによりも大事だと思います。その受験勉強を本気で始めるのに遅いなんてことはないので、最後まで自分を信じ抜いて頑張ってください!!」

以上、若竹くんのインタビューでした。

校舎長より



武田塾中山校の梅村です。

武田塾中山校は、中山付近の受験生全員の結果を出すことを至上命題に掲げています。

無料受験相談では、誠心誠意、話をさせていただきます。

いつでもどんなことでもかまいません、我々に相談してみてください。

受験半年前でも、

受験前日でも、

勉強の悩みでも、

勉強に悩みがなくても、

是非一度お話をさせてください。

必ずや力になってみせます。

結果的に、皆様の受験が成功に終わればそれが一番です。

是非お気軽にお越しください。

Комментарии


2021年度入試合格実績
bottom of page