top of page

【2021年度入試合格体験談】北海道大学経済学部に合格!中山校初の旧帝国大学合格!

更新日:2022年2月22日

こんにちは、武田塾中山校の梅村です!

今回は神奈川大学附属高校から北海道大学の合格を勝ち取ってくれた小林君の紹介をします。

小林君はコロナでの緊急事態宣言が明けてから入塾してくれました。

自粛時間中にサボってしまってヤバいです!と言って受験相談に来てくれたことが懐かしいです。



生徒プロフィール

名前:小林利薫

出身校:神奈川大学附属高校

合格大学:北海道大学経済学部、上智大学外国語学部など


武田塾に入る前の成績

入塾時期:高校3年生の8月

当時の成績:進研模試の偏差値が5教科総合で65.8でした。決して低いほうではなかったのですが、自粛時間中に勉強をサボってしまったので学校が再開してからの模試で成績が落ちていました。


武田塾に入ったきっかけは?

学校や図書館がコロナで全て閉鎖されてしまい、勉強をする場所がなくなってしまったのでどこか勉強場所を確保しなければならず学校が終わってからそのまま来ることができる立地、塾生の自主性を重んじる方針に惹かれて入塾を決めました。


武田塾に入ってからの勉強法や成績の変化は?

入塾したのが夏休みの始まりと同時期だったこともあり塾が開いてから閉まるまでは自習室に入ることで勉強時間が大幅に増えました。時間が増えたことでやれることも増え、ルートの勉強以外にも必要な科目の勉強ができるようになりました。成績に関しても解ける問題が増えていく実感がありました。


担当の先生について

同じ学校を卒業している先輩がついてくださったことで話も合い、質問にも丁寧に対応していただきました。同じルートをこなしていたために躓いたポイントでのフォローも万全でした。


武田塾での思い出

先生との雑談はためになることが多かったです。質問対応でも新しいことを知ることが多くありました。


好きな参考書

第1位:共通テスト系の予想問題集

自分は国公立志望だったため共通テストで点を取ることが非常に大切でした。これは直前期に使うものですが点数が出るため成果がわかりやすいためモチベーションにつながります。さらに言えば早慶、ICU以外の私立志望の方は共通テストの勉強をすることで基礎も固まり、うまくいけば共通テスト利用で一気に合格を勝ち取ることも可能です。

第2位:蔭山の共通テスト倫理

参考書どうこうというより読み物として面白いです。センター過去問とこれを使えば共通テスト倫理は完璧です。

第3位:鉄壁英単語

これは英単語を覚えるという目的以外にも自分を後に引けなくすることにも使えます。具体的には周囲の人間に鉄壁を使っていることをほのめかすことで「あいつ鉄壁使ってるのに英語全然できねえな」と思われたくない(さらに途中でやめるとバレる)がために英語を勉強する動機になります。また単語帳としても優秀です。ただやり切らなくては意味がないので自分の志望校と相談して決めてください。


来年度以降の受験生へ

受験勉強に関しては「我武者羅にやるな」といわれると思います。しかしこれは自分の経験を通じて気づくことで真に意味を持ちます。(受け売りでこれをのたまうやつはたいてい我武者羅にできない言い訳をしているだけかつ、単に努力が面倒だからしたくないという人です。)とはいえ高3でそんなことを言われても困ると思います。なので自分に厳しく

娯楽断ちをしろと言っているのではありません。実際私は夏休みに友達と映画を見に行きました。受験生に対して周囲の人は基本的に優しいのでつり合いは取れます。)一年間ラストまでやり切ることが大事だと思います。受験期は意識しないと孤独になりがちなので、ほかの受験生や先生と励ましながら頑張ってください。


講師からのコメント

「合格、本当におめでとうございます。私は小林君と同じ神大生で、話も合って親近感を持つことができました。小林君は周りの高校生たちよりも少し遅い入塾でしたが、とりあえず塾に入ろうという考えの受験生ではなく、明確な目的を持って入塾してくれた優秀な生徒でした。飲み込みや吸収が速く、疑問を持ったところには必ず質問をし納得のいくまで考え続けることのできる数少ない受験生だと思います。勉強の習慣はしっかりしていたため、どのくらいのペースで勉強を進めていくかという点と、計算ミスが多いこと、理科の点数が取れないという3つの課題の解決を目標に特訓を進めていきました。日数を経るごとに小林君の成長が毎週の確認テストや模試の結果から見ることができたため、指導のし甲斐がありました。小林君は受験の直前にも不安そうな言葉を言ってはいましたが、安定した成績を出して第一志望の大学に合格出来たことを嬉しく思います。小林君なら大学に行っても学ぶ意欲を失わずに、頑張っていけると思います。自分のやりたいこと、知りたいものを全て網羅して悔いのない大学生活を送ってください。お疲れ様でした!」

担当講師 今村

「小林くんは、英語が(点が取れるという意味で)得意でしたが、根拠をもって答えられているかというとそうではなかったです。よく質問に来てくれたのですが、最初の頃は毎回文構造の話から説明を始めていました。しかし、なんとなくで解いていた英語もそのうちなんとなくではなくなって、受験直前期にはちゃんと根拠を持てるところまで成長していました。英語の特訓は全く受講していないので、武田塾という施設・システムをうまく活用してくれたなぁと思います(笑)将来の志望についても色々とやりたい生徒で、併願校は経済だけでなく農学部にも手を出していて、面白いなと思った記憶があります。将来は大物になると思います。まずは北海道という地で自分を開拓していってください!もちろん大学生活も存分に楽しんでください!おめでとうございました!」

校舎長 梅村

さいごに

以上、小林君の合格体験談でした。

小林君は毎日学校で自習してから、塾の自習室にしっかり来て勉強するという私と全く同じ勉強サイクルでやっていました。

分からないところは後回しにせずにできる生徒でした。

納得のいかない問題を特訓後に一緒に討論したことはよく覚えています。そういった不安な部分をすぐ解消したいという気持ちは受験生にとって大事です。いかに自分が与えられた環境でうまく勉強をしていくかが、受験勉強では大事であり、それを小林君はしっかり理解していました。本当に優秀な生徒でした。

広大なのびのびとしたキャンパスで、望んだ大学生活を過ごしてください。

そして神大生の皆さん、ぜひ武田塾中山校に一度相談しに来てみてください。

以上です。

コメント


2021年度入試合格実績
bottom of page