top of page

【2021年度入試合格体験談】東京都立大学に合格!港北高校No.1実績!

更新日:2022年2月22日

こんにちは、武田塾中山校です!

本日は合格体験談をお伝えします。

港北高校から一年間浪人し、東京都立大学に見事受かった生徒の紹介です!

港北高校はバリバリの進学校というわけではないので、高校の実績一覧でも輝いていますね。

去年の港北高校受験生の中では一番良い実績かもしれません♪


国公立大学への進学は、指定校推薦で横浜市立大学に3人が進学しているので、総計7人中一般受験では4人の進学です。

しかも、荻野くんは後期日程での合格だったため、さらにすごいんですよ!

そんな荻野くんの合格体験談をご覧ください。

合格大学


名前:荻野 裕次郎

出身校:港北高校

合格校:東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科

荻野君は浪人生でコロナの状況の中、武田塾を見つけてくれて入塾してくれました。

通塾中に受けた模試では全国での成績優秀者に名前が載るなど、抜群の実力を誇っていた生徒です。

惜しくも共通テストで失敗し、後期での滑り込みになってしまいましたが、見事東京都立大学に受かってくれました。

結果的にですが、国公立後期受験での合格は素直にすごい!

合格体験談

武田塾に入る前の成績は?

【入塾時期:6月 】

浪人生だったので1からのスタートではなかったが、英語の文法や数学の公式の定義を聞かれるとすぐに答えられるレベルではなかったです。英語・数学・物理はセンター試験で7~8割くらいでした。

武田塾に入ったきっかけは?

現役の時に勉強はちゃんとしていたが、夏に数学、秋に英語、冬に物理のように科目の勉強配分が極端だったので全科目を並行しながら勉強ペースを管理してもらえるような予備校を探していてインターネットで見つけました。浪人だったので、授業はもう受けなくてもよいという考えがここの予備校とあっていたのも決め手でした。

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

週1回の特訓によって1週間の勉強時間を調整してもらったことで、毎日効率よく全科目勉強することができました。また、特訓内での逆質問をしてもらうことによって自分の苦手な範囲や自分の宿題の達成度などが明確に分かることができたのでより勉強の質が上がったと思いました。

担当の先生はどうでしたか?

先生方皆さんとてもフレンドリーで親しみやすく、特訓の時楽しく行うことができて嬉しかったです。武田塾の勉強法に加えて先生方が受験期にやっていた勉強法などを教えてもらえたのですごくためになりました。勉強のモチベーションが下がっているときは励ましてもらったり、勉強以外の話をしたりして勉強へのモチベーションを上げる手伝いをしてもらえたのがとても嬉しかったです。

武田塾での思い出を教えてください!

模試の成績が武田塾内の順位に載ったときがとても嬉しかった!塾長や講師の方々も一緒になって喜んでくれたのも嬉しかったです。

好きな参考書ランキングベスト2

第1位:数学 基礎問題精講

コメント:この参考書を極めれば、基礎の問題怖いものなし!(になるはず)

第2位:英語 肘井の読解のための英文法

コメント:単語を覚えた後にこの参考書に取り組むと基礎的な文がスラスラ読めるようになりました!

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!

最後まで自分を信じて頑張ってください。行き詰まったらたまには息抜きを!

講師からのコメント

「合格おめでとうございます。コロナ禍に振り回された一年でしたが、最後まで努力し続けたことが合格という結果を産んだのだと思います。その中でも高校で履修していなかった化学では苦労しました。1年間で受験レベルまで仕上げるのは並大抵のことではありませんが、基礎の反復練習をしっかりすることで間に合わせることができました。大学でも受験で培った力を発揮して頑張ってください。」

担当講師 土井

「荻野くんはちょうど緊急事態宣言の出る直前に問い合わせてきてくれました。受験相談では勉強の方針を話し、緊急事態宣言が明けるまでは自分で勉強してきてくれました。明けてからの入塾でしたが、そこからメキメキと力を付けてくれました。現役のときは私立志望で、浪人するとなってから国立志望に切り替えました。国語と化学と現代社会が追加で必要になりましたが、一緒に学習プランを練り、そのとおりに勉強してくれました。最終的には共通テスト模試で全科目総合で8割7分ほど取れるようになりました。本当にがんばってくれました。ただ、コロナ禍で一年を通して模試が満足に受けられず、実戦経験が十分でないままでの受験となってしまい、共通テスト本番では焦りのためか8割を少し上回る程度になってしまいました。国立大は前期で通らず、私立大学もここは受かるだろうというところに落ちてしまい(後で聞いたら頭が真っ白になって名前を書き忘れたそう)、背水での後期東京都立大受験でした。実力を発揮してくれれば受かるだろうと思っていましたが、共通テストや私立大での失敗を思い出すと、ヒヤヒヤものでした。結果的には公立大学に受かったので良かったのですが、コロナがなければと悔やまれます。なんにせよ、大学は決まったのであとはその環境で楽しむのみです。良いキャンパスライフを!」

校舎長 梅村

さいごに

いかがだったでしょうか?

コロナ禍に振り回され、失敗も多かった受験記録でした。

後日ですが、「人はやるべきことが明確になると前向きになれるものですね!」と語ってくれました。

荻野くんは現在、武田塾中山校で講師として働いてくれています。

ペース管理の重要性を生徒に説いている姿は本当に頼もしいです。

勉強法というのもそうですが、学習のペース管理というのもまた、一人では難しいものです。

そんな時、勉強時間の確保と配分を相談・決定する立場というのは、勉強をしていくうえで非常に役に立つと思います。

受験生が抱える不安として、「どれくらいの時間勉強したら受かるんだろう?」という部分は大きいですよね。

それを払拭する手伝いとして我々が機能し、それが今回の荻野君のように成績向上につながれば幸いです。

自己管理に悩む受験生は、ぜひ一度無料受験相談にお越しください!


荻野くんに話を聞きたい方もお気軽にお問い合わせください!

以上です。

2021年度入試合格実績
bottom of page